正しい洗顔方法

正しい洗顔方法でニキビを治そう!

正しい洗顔方法ってご存知でしょうか?みんななんとなく洗顔料を泡立てて、洗顔していますが、間違った洗顔をしている方が意外と多いんです。特にゴシゴシと洗顔している…という方はご覧になった方がいいと思います。

 

こちらでは正しい洗顔方法について紹介していますので、洗顔方法がわからない、知っておきたいという方はご覧になってください。

 

正しい洗顔方法

@キレイなタオルの準備&手を洗っておく。
事前準備として、最後に顔を拭くためのキレイなタオル。また、手には雑菌が付いているので、洗顔前に一度手を洗っておきましょう。これで顔に雑菌が付くことを防ぐことができます。

 

Aぬるま湯で顔をゆすぎ、洗顔料をしっかりと泡立てましょう。
お湯や冷水はいけません。肌の温度に近いぬるま湯で行うことが大切です。お肌は急激な温度の変化で刺激を感じてしまいます。ぬるま湯なら刺激を与えずに、余分な皮脂が取れやすくなります。

 

B皮脂量が多いところから順番に外側に優しく洗う。
皮脂量が多いおでこや鼻のTゾーンから優しく洗い、頬・Uゾーンの順番に洗っていきましょう。内側から外に向かう感覚です。皮脂が良く落ちるようにゴシゴシ洗顔する方もいますが、肌のバリア機能も一緒に落としてしまうので、絶対にしないでください。

 

C洗顔後はしっかりとすすぎを行う。
洗顔後のすすぎで洗顔料が顔についたままになっていると泡が固まり、毛穴の詰まりの原因にもなるので、しっかりとすすいでください。髪の生え際やフェイスラインは特に注意!!

 

Dキレイなタオルで水気を取り、化粧水などで保湿。
用意しておいたキレイなタオルで押し当てるように水気を取りましょう。ここでもゴシゴシしてはダメですよ!終わったら化粧水や保湿液、乳液などを使ってお肌の水分を閉じ込めましょう。

 

以上が正しい洗顔方法です。

皮脂量が多い思春期ニキビや脂性肌の方は朝夜の1日2回。大人ニキビ、乾燥肌、混合肌の方は夜だけの1回。朝はぬるま湯だけで顔を洗い、夜に1日の汚れと皮脂を取るために洗顔料を使って洗顔しましょう。

 

元のページに戻る

中学生の頬ニキビの原因は水分不足!ゴシゴシ洗顔は要注意!